ご挨拶

代表取締役社長:志村和明

「食」の新たなる創造性をめざして

当社は、昭和25年(1950年)7月、丸都食品株式会社として都内有名デパートでの水産物のテナント販売および給食食材の納品会社として設立されました。

それから60有余年、水産物の販売を通して、その時代のニーズに応え、新鮮で安全な安心できる「お魚」を消費者の皆様の食卓に提供し続けてまいりました。

平成18年(2006年)4月、丸都食品株式会社は「株式会社 築地フレッシュ丸都」に社名を変更いたしました。

平成19年(2007年)5月には新社屋・新工場が完成し、従来からの塩干加工品に加え、新たに 生まぐろと鮮魚の加工を衛生管理の整った清潔な加工場で製造しています。このことは多くのお客様に支持され、大変喜ばれる結果となっております。

わが社は、マルハニチログループ企業の強みを生かして、国内はもとより世界の海からグローバルに商品を調達することが可能です。そして、「世界の台所」築地市場に集まった「新鮮な魚」を当社の親会社 大都魚類を筆頭に各荷受より 生まぐろ・あじ・さば等の鮮魚や干物・塩鮭等の塩干物を調達して、皆様方により新鮮な商品をお届けしています。

新工場も軌道に乗り、稼働率もアップして、更にきめ細やかな商品対応が出来るようになりました。今後は商品開発の推進・デリバリー機能の再整備・企画力の向上を図ることでお客様のニーズに的確に応えられるよう、「食の新たなる創造性」にチャレンジしていく所存です。

今、私たち水産・食品業界をとりまく世界環境は大変厳しく また、企業の姿勢が問われています。“新鮮” ”安全” ”安心” はもとより、正確な表示・賞味期限の遵守を徹底し、環境問題にも積極的に取り組み、健康に配慮した商品を提案してまいります。

わが社の加工場へ来社されることを心よりお待ち申し上げております。

株式会社 築地フレッシュ丸都
代表取締役社長 志村 和明